| | | | | | | |  
千里ファンblog > ライブ・イベントレポート > Sloppy Joe and more… TOUR in Zepp Tokyo

2006年07月06日

Sloppy Joe and more… TOUR in Zepp Tokyo

060514_1603~01.jpg

その夜は確かに16歳の私が居た。
今自分がまるでタイムマシンに乗ってじわじわと過去へと
タイムスリップしていく、
そんな感覚。

・・・・もしかしたら本当に千里さんは
タイムマシンを作っちゃったのかもしれない・・・・・。

本気でそう思った。

最後の曲にたどり着いたとき、
本当に心と言うか、魂みたいなものが
汗を流すたびに若返っていくのを感じた。

昔聴いたあの曲は、ただ優しく肩を包み込むような曲だった。
でも、その夜聴いた曲は同じ曲なのに全く違ったエナジーを感じた。

あんなに泣きじゃくって聴いた曲は、今夜は違う。
涙で心を洗うだけの曲ではなかったんだ、この曲は。

その向こう側にある、笑顔をくれる曲だったんだ。

その夜の私は晴れ晴れとした笑顔でこの曲を聴けた。

「終わりだけど、終わりじゃない。スタートしているんだよ」
最後の曲、そして、次へのスタートの曲

「きみと生きたい」だった。

千里さんのライブのためだけに、海外から飛んでくるバカ主婦も
そう滅多にいやしない


7月1日(土)午前6時過ぎの出発便で日本に到着したのは7月1日(土)午後3時過ぎだった。
日本は梅雨真っ盛りで、むしむしと暑い。
私の住む街も年中常夏だけど、日本も結構暑くて、スーツケースを引きずる私を
容赦なく汗だくにしていきます。
翌朝、一時帰国で身を寄せていた千葉の友人宅を出発し、
午後から去年も、一昨年も納涼に一緒に行った友人yuumaにお台場で会う。
今年は一緒じゃないけど、千里ファンでもないのにライブやイベントのたびに
ずっと付き合ってくれる親友だ。(笑)
夕方になっていよいよZeep Tokyoに移動。
約1年ぶりのお台場は去年と同じくむしむしとしているけど心地良い潮風が
どこからか吹いてくる。
少し早く到着して、Zeepの前に行くと、そこでチケットを貰う約束をしていた
千友の蜜柑さんが手を振ってくれた。

本当はこのチケットを取ってくれた張本人が体調を崩して、来るか、来れないか怪しい感じ。
彼女はどうやら必死にZeepに向かっているらしい。
途中で倒れやしないかと、本当に心配した。

開場

Zeepになだれ込む前に千里さんのマネージャー小川さんを発見。
たったそれだけだけど、なんだか嬉しくなってくる。

今回一時帰国した理由は、本当にこのライブのためだけ。
イミグレーションも、大使館にも、日本の税関でも
「仕事で帰国します」と言い張って帰国した。(笑)
私の中ではすでに千里さんのライブを見てレポートを書くことが
仕事化している。
いやー、十分お仕事です。
これで、正直帰国の費用を稼いでいるし・・・。

開場すると、即効でパンフレットと四葉のクローバーが胸元にかわゆくワンポイントのポロシャツ、グレーを買った。
周りを見ると、どうも白が人気。
グレー、白、ネイビーとあって・・・白を買ったり、着たりしているのは・・・と千友さんに聞くと、どうやら千里さんが着ているらしい、白のこのポロシャツを。
ちょっと失敗。(^_^;)

そして、程なくして私のチケットを取っておいてくれた本人minikoさん登場。

まる千の仙台の前辺りから彼女は体調を崩し、かなり心配だったんだけど
今回もすごい気迫でZeepTokyoの千秋楽にやってきました。
お互いにw(゜o゜)w オォーなんていいながら抱き合う。

かたや、海外からこれだけのために来るやつ。
かたや、体調を押してまで来るやつ。
そう、7月2日のZeepTokyoには、そんな千里バカが集っている。

会場に入ると、なんとシンプルなステージ。
バンドの人たちが並ぶだろう場所とその頭上にさほど大きくない
「Sloppy Joe」と書かれた看板。
なんとシンプルな。
でも、他のブログですでに「昔の千ちゃんみたい。もしかして電飾ついてんじゃないの?」的なのりらしい。
うーん、どんなもんなんだろう、こんなシンプルなステージにどんな昔みたいな千里さんが現れるんだろう、期待が高まる。

今回の座席は1階席16列目25番。
PAより少し前でセンター寄り。
なかなか良い席だ。
もしかしたら坂本ちゃんとか、山田邦子さんとか、ペコさんとか、そばに来るかもしれない。
そんな感じの席。

なんとなく開場に流れる曲に耳を傾けていると、まるでラジオのチューニングをあわせるような音と、千里さんの曲がところどころ混じる。
WE ARE TRAVELLIN’ BANDが混じったと思ったら・・・
そこにバンドのメンバーと千里さん登場。

真っ白いジャケットとパンツ、帽子・・・全身白!!

1曲目「WE ARE TRAVELLIN’ BAND」
あー、この曲、思い出す。
私が山口時代に必死に近県を追っかけした。
移動が新幹線で、乗り遅れると帰れなくなっちゃうから、
最後辺りのこの曲でライブ途中頭を深々と下げて抜け出したことがある。
あの頃はど派手なシャツ着て聴きに行っていた頃。
思い出した。
今聴くこの曲は、すっかり大人の曲だ。

2曲目「長距離走者の孤独」
懐かしい。
最初ッからスタンディングでみんな居るのに、こんなに飛ばしちゃって良いの的ののりです。
ほんと、昔を思い出してしまう。
どんどん私の魂がタイムスリップし始める。

3曲目「dear」
優しい曲だけど、とっても切ない恋の曲。
もう、たまらない。
聴きたかった曲がとにかく続く。
その曲を聴くたび、その当時の自分を思い出し、時間がさかのぼる。

MC
「ここは、大きいね」と千里さん。
渋谷のAXからスタートしたこのSenri Oe Concert tour 2006 “Sloppy Joe V and more・・・”。
去年、私はAXを初体験したけど、今回のZeepTokyoも初体験でした。
確かに広いかも。
千里さんは「AXくらいかも」って思っていたらしく、私もそれくらいかなと思ったけど、AXより広がりを感じるスペースだ。
今回はビデオカメラが数台入っている。
業務連絡事項として千里さんが
「すでに今日のライブはDVD化決定しました。
だから歌詞は間違えない!間違ってた所が直っていたら編集したと思って!」
だって。(自爆)
師匠、まじっすか。
歌詞間違えないで、頑張ってください。(自爆)
でも、なんだか怪しい場面ありましたね。(笑)
それと、ZeepTokyoでのオリジナル写真集を発売
期間限定。
企画がすげーです。
それと、10月からのピアノトリオツアー決定しました。
いろんな場所で開催予定です。
詳しいことは、また発表されると思うので、またその機会にでも、
こちらのブログでお知らせしたいと思います。
そんな業務連絡などをいろいろしている間に気が付けば千里さん
「25分間しゃべっちゃった」と告白。(^_^;)
盛り上がっています。(笑)

4曲目「ファーストクラス」
5曲目「今日はこんな感じ」
海外からこのライブのためだけに苦手な飛行機に乗ってやってきている私にとって、「ファーストクラス」はなんだかいつもより身近に聞こえてきます。
南の常夏の国に行く曲だけど、私は南の常夏の国から来た。必死にチケットとパスポートを握り締め。
「今日はこんな感じ」なんて聴いちゃうと、心が弾んでくる。
かるーくステップ踏んで、一緒に歌いだしてしまう。

6曲目「Rain」
7曲目「サヴォタージュ」
曲のセットリストが完璧ではないので、もし間違っていたらお許しください。
この辺りから弾き語り、千里さんのピアノが鳴り響きます。
でも、ほとんどの人たちが立ったまま。

8曲目「本降りになったら」
美里ちゃんと歌ったこの曲は、このシーズンにぴったりの曲。
ヤマキョウさんとのバージョンは、大人の女性の曲に仕上がっていました。
2006年バージョンの「本降りになったら」はしっとりと聞かせてくれる大人の曲。

9曲目「ふたつの宿題」
「ふたつめの宿題は、まだ分からなくて・・・」と言う千里さん。
ほんとだね。
大人になっても、なかなかふたつめの宿題なんて、分からない。
今を必死に生きていくこと、そして、人生を楽しむこと。
私も、ふたつ目の宿題は、答えが出ないけど、このふたつを胸に抱きしてめて
いつも生きています。

10曲目「Let it be, SWEET」
11曲目「A DAY」
「Let it be, SWEET」はいつ聴いても、すっとしみこんでくる曲。
大人のこの歳になって聴くと本当に一段としみこんでくる。
自分を「だめな男」と言ってしまう男性のそばをうつむきながら
それでも寄り添って生きて生きたい。女性側の気持ちで聴いてしまう曲です。
「A DAY」は久々に聴いて、「あれ?この曲なんだったけ?」になっちゃったけど、実は、このライブに行った時、まだ「Sloppy JoeV」を聴いていなくて、
私の住む某国では手に入らなくて、アマゾンも送ってくれなくて、
仕方なく友達の家に転送してもらって、CDだけは手に入れていたの。
サビになるまでこの曲がなかなか分からなかった。(^_^;)
でも、久々に聴いて「あー、可愛い曲だなー」って思いました。

そして・・・大江千里のオールナイトニッポン第1回放送音源が・・・
きゃー!!
当時は聞いていないけど、若いよ、千里さんの声が。
なんかとんがった台詞のMCに笑っちゃうし、恥ずかしくなっちゃう。

12曲目「APOLLO」
13曲目「TORCH」
14曲目「エールをおくろう」
15曲目「十人十色」

もー、この辺りになると、ジャンプです。ジャンプ!!
千里さんと一緒にみんなで飛び跳ねるわ、歌うわ。
「エールをおくろう」なんて「フレー、フレー、エールを送ろう♪」って感じで片手ずつ前に出ちゃうし、「十人十色」も「十人十色!せんりー!!」って声でちゃうし。(笑)すでに20代前半まで年齢がタイムスリップしてきています。
何でこんな後半なのに、自分を含め元気なんでしょ。
びっくりするほど飛び跳ねて、大声で一緒に歌っちゃう。

16曲目「YOU」
きゃー、YOUだー。
もー、この曲だと声が黄色い悲鳴です。(笑)

17曲目「未来乗車券」
18曲目「ジェシオ'S BAR」
踊り狂うように歌っちゃいます。踊っちゃいます。

19曲目「GLORY DAYS」
ここでかー。
ここで、「GLORY DAYS」だったんだー。
なんだかとっても心が温かくなる曲。
そして、力強い曲。
ここで、涙がなんだか溢れてきちゃいました。
とっても暖かで、前向きな涙。
そっか、私は幸せな時間をちゃんと過ごして生きてきたんだと、
感じられました。
20曲目「うぶげのきもち」
ここで訂正。
1曲抜けていたことをminikoさんに教えてもらいました。
ありがとう。
今日、「Sloppy JoeV」を何度も聴いて、「あれ? うぶげのきもち どこかに入っていたような・・・」って思っていたんだけど、minikoさんに教えてもらいました。


21曲目「きみと生きたい」
ここで、この曲にめぐり合えるなんて、思わなかった。
いつもなら、この曲を聴くとどうしても泣いて目の前が見えなくて、
せっかくの千里さんの姿が全く見えなくなってしまう。
今回は・・・・なんだろう、涙ではなく、笑顔をこの曲を聴けました。

気が付くと、16歳の私がそこに居ました。
千里さんの曲に始めて出会った、16歳の私がその曲を笑顔で聴いていました。

ありがとう。千里さん。

「今日からがスタートだと思っています」

いつもなら、終わってしまう寂しさが少し残るのに、
ちっとも寂しくありません。
むしろ、16、17、18、19、20才とあの頃大好きだった千里さんが
帰ってきたような感触です。
なんていうんだろう。
リスタート。
そんな感じ。
戻ってきたんだよ、千里さんが。
とっても大人になって。
でも、あの頃と変わらない千里さんもいて。

納涼が8月5日にあります。
日比谷の野音で。
今回は・・・・そんなに不良主婦できないので、パスです。
でも、その次。
10月にはまたピアノトリオツアーがあります。
千友の間では「瑠璃ちゃんはきっと、10月また日本にいるんだよ」って言われちゃいました。
きゃー!!
そんなー!!
また、ひと稼ぎせにゃあかんやん。
(^_^;)

頑張ろう。
また帰るために。

06-07-02_21-04.jpg


余談ですが・・・
実は別件もあって帰国していたんですが・・・
某新聞の取材を受けました。
私の仕事についての取材でした。
「きっかけは、なんだったんですか?」と
新聞記者さんに尋ねられて、
正直に
「きっかけは、大江千里さんです」と胸張って答えました。(^_^;)
きっと、新聞記者さん、引いただろうなー。
でも、めげません。
新聞が出たら、またご報告いたします。
posted by 瑠璃☆★ at 13:43 | Comment(3) | TrackBack(2) | ライブ・イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーわー!
知ってる曲ばっかりで、
行きたかったわーーーーーーーっ!!

ホントにタイムスリップした気分だわ。
あの頃一番聞いてた曲ばかりで、
その時の自分の気持ちを思い出しちゃうもの。

「サヴォタージュ」歌っちゃったか・・・。(TT)
泣いちゃうよ、もう・・・。
Posted by sibuki at 2006年07月06日 15:57
こんばんは♪
TB返ししちゃいました(てへっ)
楽しかったですね。
ほんと、終わったって感じじゃなくて、
「始まり」って感じました。
ツアーが終わったという寂しさはないけど、
何故か腑抜けになってる私…(^^;)
またいつかご一緒しましょう。
Posted by 蜜柑 at 2006年07月06日 20:31
shibukiちゃん>
でしょ。
もー、良い選曲なんだよね、今回のライブは。
本当にタイムスリップした感じだったよ。
ライブ版のDVDが出るのでおすすめだよ。

蜜柑さん>
お疲れ様でした。
TBありがとうございます。(^-^)ニコ
なんか終わった感じが全くしない、いつまでも続く感じのするツアーファイナルでしたよね。
またこちらこそご一緒させてくださいね。
Posted by 瑠璃 at 2006年07月14日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

すいません。別ブログエネルギー使い果たしました。(^_^;)
Excerpt: こんにちは。もう、タイでも昼じゃん。12時じゃん。(^_^;)朝、7時から5時間かけて、SloppyJoeandmore…TOURinZeppTokyoのライブレポート書いていました。すいません。むっ..
Weblog: 子供のレイングッズ・大江千里最新情報・タイでの生活*ママの野望...
Tracked: 2006-07-06 14:06

Sloppy Joe and more… TOUR@Zepp Tokyo
Excerpt: とうとう最終日を迎えてしまいました。 今回のツアー。 私としては珍しく(?) 初日(SHIBUYA-AX)、 横浜BLITZ、 最終日(Zepp Tokyo)の3ヶ所しか行っていません。 ..
Weblog: 蜜柑の音楽箱
Tracked: 2006-07-06 20:27


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。